北海道札幌発!子連れOKのバランスボールレッスンと産後ケア・産後ダイエットのMayaPark

北海道札幌発〜バランスボールと産後ケア・子連れレッスンOK♡産後ダイエットもした・産後の骨盤矯正に行ったけど体型が戻らない…。何度も産後骨盤矯正に行くよりも、産後の骨盤矯正の後は、それを支える体力と筋力が必要です!弾んで自然と体型・骨盤の位置も整い、産後の体力低下・産後のイライラなどのお悩みも解決!

♡自己紹介♡Mayaってどんなひと・こんなひと ③ Why、薬剤師!?

こんにちは 美姿勢をキープして体幹力アップ!自律神経も整えちゃおう♡

産後ケアを当たり前の世の中に♡

一般社団法人体力メンテナンス協会 

バランスボールインストラクター・体力指導士・薬剤師

Maya@札幌です!

レッスン内容・スケジュール等はホームページも是非ご覧くださいね♡

 

   

****

 


からの、続き!

ライン@から、ぼちぼちご感想をいただいて嬉しいので続き書きます!

 

さて、大学時代。

 

そして私はラッキーなのかアンラッキーなのか、

いわゆる理系受験勉強(微積とか…)のを

ほぼしないで理系の大学に入学するという

ラクルパンチを繰り出しているのですが

(ミラクルパンチの詳細を知りたい方はMayaまで!役に立たないよ!)

 

理系の勉強しないで理系に行くというのはとってもリスキー。

 

物理の授業は先生のいうことがちっともわからない。

『剛体について述べよ』っていう試験の時は、試験中ずっと

アンディフグの「ゴーメン(剛麺?)くださーい!」CMが脳内を流れて白紙。

 

微分積分に至っては高校時代にほぼ、やっていないため

ミミズがのたうちまわっているようにしか見えず、白眼。

夏の試験は9科目中7科目を落とすという悲劇。

 

やる気がないので実験の授業はいつもギリギリで

泥だらけでザックを背負って駆け込むダメ学生でした。

 

そもそもMayaがなぜ薬学を目指したかというと、過激派の母が

『とにかく自立、自分の足で生きられるのが最優先』

『資格をとるべし』

という教育だったのと、

 

小学生の時に「泣き虫学らん娘」という漫画で主人公の緑ちゃん(?)が

「私は大学に行って薬剤師になる…」

というたった一言のセリフで、

 

薬剤師。なにそれ。

響き超かっこいい。

なんか資格だし。

 

っていう、ただそれだけ!!

本当に、漫画で人生決めるって。。。しかも「泣き虫学らん娘」って。

自分でも呆然としますね。

 

薬剤師がなんたるかも知らず、ただ親に「薬剤師になるわ〜。」と言って

親も「なんかよくわかんないけどシメシメ。。。」と思ったそうです。

 

そんな適当な理由で薬学を志した私なので、当然周りについて行けず、

1年休学。

1年間バイトしたり、旅に出たり、崖から落ちて足の骨を折って入院したりしていました。

(最後の余計)

 

トルコ・サバサンドが美味しいよ!友達よ、許可をとっていないのでモザイクですまぬ。

 

東京の日雇いのバイトとか面白かったです。

当時(今もあるのかな)は大学生のためのバイト紹介所が各大学生協にあって、

全国どこの学生もそこでバイトのあっせんを受けられたんですね。

 

フジテレビ主催の家具フェスタみたいなやつでひたすら領収書を書くバイトで

100万単位の家具がびゅんびゅん売れていくのを目の当たりにしたり、

かと思えば一般の家の掃除を手伝うとかで風呂掃除したり…これ嫌だった…。

 

コマ劇場の前で座ってたら外国人がバナナくれたり、道に座ってたら

外国人がジュースくれたりしました。なんだったんだ!怖いわ!

 

ここでもまたいろんなひとに会いました♡

当時フジテレビのそのバイトで出会った友達は今でも連絡を取り合っています。

世の中面白いひとがたくさんいるものです!

 

そんな1年を過ごし、やはり頑張って自分で資格をとって生きてゆかねばいかんのう、

と思い直して心を入れ替えて大学復帰。

 

就職活動もしました。

これまたあまり深く考えずに、大学の先輩が就職した病院に就職決定です。

何を思ったか、人事派遣会社とか、セイコーマートとかも受けたりしてましたね。

受かるわけないじゃん!多分当時はやってみたかったんでしょう。

 

もちろん落ちこぼれ、かつ雑なので大学の卒論研究もひどかったですが、なんとか。

電気誘導は時間をおきすぎて流しきっちゃうし、ネズミは増やしすぎるし。

(知りたい方はMayaまで!役に立たないよ!)

 

薬剤師試験はもちろん、涙目で勉強しました。

1ヶ月半ほど、ひたすら勉強。すごい量の教科書を朝から晩までひたすら。

当時私は友人とシェアハウスしていましたが、そこにいると絶対無理なので

実家に引きこもり、ご飯の時間以外は勉強。みたいな生活。

 

そんな甲斐あって、薬剤師は超ギリギリ合格。

晴れて1年遅れの卒業式を迎え、薬剤師として社会人スタートです。

 (…自己紹介長すぎるね?)