北海道札幌発!子連れOKのバランスボールレッスンと産後ケア・産後ダイエットのMayaPark

北海道札幌発〜バランスボールと産後ケア・子連れレッスンOK♡産後ダイエットもした・産後の骨盤矯正に行ったけど体型が戻らない…。何度も産後骨盤矯正に行くよりも、産後の骨盤矯正の後は、それを支える体力と筋力が必要です!弾んで自然と体型・骨盤の位置も整い、産後の体力低下・産後のイライラなどのお悩みも解決!

おむかえでごんす

{DB6673B2-E452-4EDA-A810-10B2845C7A28}

 

こんにちは

一般社団法人体力メンテナンス協会 バランスボールインストラクターのMayaです

 

今日は、私のプライベートのお話を。

 

今日、9/21は私の大切な友人の命日です。

居なくなって今日で12年。

今年は13回忌。さっきご両親に電話したところ。

 

彼女とは大学時代、学校こそ違ったものの気が合って

部屋をシェアして一緒に暮らしていた。

家族じゃなかったけど、ファミリーだと思ってた。

 

一緒にママチャリで北海道から岐阜まで走ったり

夜中に大通公園で酒を飲んでひっくり返ったり

おおよそ青春のおばかな時間をともに過ごしてきて。

 

就職してからはさすがに生活リズムが違うので歩いて5分くらいのところに

お互い住んで、彼女は風呂共同のアパートに住んでいたので(昭和か!笑)

時々私の家に来て合鍵で開けて、勝手に置いていった絶対にいらないと思われる

変な貯金箱にシャワー代金を入れて去っていったり。

 

いつも馬鹿笑いして、時々真面目に話して、一緒にいた。

 

彼女は心の病気を抱えていて。

私はずっとそれに気づかなくて、本当にひょんなことで知って。

「知ってもらってホッとした」

と彼女は言ってたけど、本当は知られたくなかったかもとか今は思う。

 

知ってからはなんとかごまかしごまかし、一緒に過ごしていこうとしたけど

ダメだった。彼女は自分で自分を無くしてしまうことに決めてしまった。

 

調子が崩れてからは実家に戻って過ごしていた彼女とはなかなか会えなくなって

でも連絡はよくしていて、絵と文が素敵な彼女はよく手紙をくれた。

 

居なくなる前の日に電話していて、

「明日は森のイスキアに行くんだよ」

と言っていた。

 

初女さんのご飯を食べたら元気になるかもね

そうだね

 

そんな話をした翌日、仕事が終わってみたら携帯電話に彼女から電話が来ていて

気楽に掛け直した。

もしかして森のイスキアにいけなかったのかなあ、あり得るよなあ、やつなら道に迷ったりとかしそうだもんな。

 

電話に出る音がして

「どーしたの〜、イスキアどうだった〜?」

なんてのんきに話しかけた私に響いてきたのは男性の声だった。

 

やばい。

 

直感的にそう思った。

 

「弟です。昨日の夜、姉が亡くなりました。」

 

あの時の気持ちをなんと表現したらいいのか。

景色が揺れて、職場のロッカールームの足元が真っ暗になって吸い込まれるようだった。

 

そこからどうやって家に帰ったんだったか。

ぼんやりと飛行機のチケットを取って、喪服を用意して。

 

寝ているような彼女の顔を見ても実感がわかなくて。

 

骨を拾っても実感がわかなくて、映画のセットみたいで

思わず素手でつい触ったら熱くて苦しくなった。

 

人生初めての弔辞を読んで、友人を見送ったあの日から12年。

 

未だに私は受け止めきれていない、彼女の死を。

まだどこかにいるような気もするし、でもやっぱりいないような。

 

私はあれからずっと命というものについて考え続けているのです。

生きていくということ。自分の命を全うするということ。

 

あの世があるのか知らないけど、いつか彼女に会える日がくるんだろうか。

それならちょっと一発くらい殴ってやりたい気もするけど。

 

いつか来るかもしれないその日まで、私にできることを今日もやるしかない。

汗をかいて、恥をかいて。

 

私の大切な人たちが今日も健やかでありますように。

心からそう願う今日です。